名残の茶事  大徳寺瑞峯院 餘慶庵
10月3日~10月8日 

名残は究極の侘び、茶人好みの月とも言われています。茶事献立は利休さんの献立の再現のような料理をと心掛けました。

 

この度の研修も、瑞峯院様での道具等の準備、まなびやでの懐石料理の準備に始まり、3日間の茶事実習、そして利休会記を読み解く会、茶の湯稽古等の自由学習へと続き、連日清々しい晴天に恵まれ、新しくご参加なされた方々と共に、尊い時を過ごすことができました。

名残の茶事懐石献立

飯 ゆかりご飯 (飯器使わず) 向付 鯵の果実叩き  煮物椀 落花生豆腐葛仕立て 

焼き物 子持ち鮎の山椒焼き  箸洗い 海ぶどう 大徳寺納豆  

​主菓子 味噌松風  干菓子 煎餅(芒焼き印) マロングラッセ

10月3日 

​名残の茶事準備

9:00~17:00 

10月4日~6日 

​名残の茶事

​席入り 11:30 

研修者 9:00~17:00  

大徳寺瑞峯院

9:00 〜    道具搬入 道具出し 水屋準備

八瀬のまなびや

12:00~      昼食 

     懐石料理仕込み

大徳寺瑞峯院

台所

9:00      懐石実習 盛り込み等

                 同時相伴

                 片付け、掃除

水屋

9:00    茶室、待合、水屋

     外待合、露地

     同時相伴

     後座準備

     片付け、掃除

本席

9:00      席入りまでお手伝い頂きます。
11:30       席入り

​13:30    後座

​15:30       お見送り

​利休会記を読み解く会

10月7日(水)
10:00~16:00

 

 

 

 

​夜の部講義

19:00~21:00

八瀬のまなびやにて

講義(利休会記を読み解く)

利休会記料理再現    会食​ 一服 

 

夜の講義受講希望者は京都公式アカウント、もしくは「お問合せ・お申込み」ボタンからお申込み下さい。

夕食希望者は六時半までにお越し下さい。申し込み時にその旨をご連絡下さい。

自由学習日

10月8日(木)

10:00~ 

八瀬のまなびやにて、茶の湯の稽古など、自由学習日としております。

2020/10/04〜05名残の茶事 満月_201009_30

水屋にて

2020/10/04〜05名残の茶事 満月_201009_3

準備が整い...

2020/10/04〜05名残の茶事 満月_201009_22

中立ち

鯵の向付

鯵の三枚卸しにふり塩

子持ち鮎

子持ち鮎を焼く

DSC_0061.JPG

煮物椀の落花生豆腐を用意

DSC_0076.JPG

鯵の果実叩き

DSC_0082.JPG

水屋準備

2020/10/04〜05名残の茶事 満月_201009_15

落花生豆腐の煮物椀

DSC_0094_edited_edited

主菓子は味噌松風

DSC_0117_edited

餘慶庵

DSC_0127.JPG

瑞峯院

2020/10/04〜05名残の茶事 満月_201009_4

鉄釜にて

DSC_0116_edited

野にあるように

利休会記を読み解く

利休会記を読み解く

DSC_0171_edited_edited

会記再現料理

DSC_0138.JPG

鵬志堂さんが庭のお手入れを

DSC_0173_edited

茶の湯稽古自由学習

自蹊庵 八瀬のまなびや  半澤鶴子主催 鶴の茶寮京都教室

〒601-1253 京都市左京区八瀬近衛町368    

鶴の茶寮    TEL/FAX受付  0475-54-2518

© 2020  鶴の茶寮 all rights reserved