line_84550531868494.jpg

暁の茶事 

会場変更のお知らせ

コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、大徳寺瑞峯院にての開催を見合わせ、会場を八瀬のまなびやに変更させて頂きました。

​極寒の頃、灯る火を手掛かりに、明けゆく時の移ろいを

台所

​4:00  献立準備 

5:00  茶飯釜にて飯をセット

5:20  席中にて茶飯

​6:00  折敷その他片付け

​8:00  終了

 

水屋

4:00  控え釜、莨盆、手焙、草履等

4:50  汲出、手桶、湯桶、草履、円座等

6:20  莨盆、手焙、湯桶、草履

7:50  露地柄杓、湯桶他片付け

 

本席

5:00  席入り   初炭

5:20  懐石

6:30  主菓子

中立

後座 濃茶、薄茶

8:00  見送り

二月 如月の茶事研修

茶事研修、利休会記と、この月も充実した研修となりました。闇を照らす火と雪の幽玄の世界、何度体験しても暁の茶事は特別だと再確認しました。

​お客様として初参加された、お料理を生業とする方から頂いたメッセージを共有させて頂きます。

本日は貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

おもてなし、
お互いを思い合うこと。

五感で感じる、
音や、香りや、気配や、温度や
すべて、
五感で感じるとはこのことかと合点しました。

ご馳走、
湯気や、影、出来立てのお粥や、
音一つ、
美しい所作、
ご馳走とはこういうことかと感銘を受けました。

徐々に明るくなり、うつりゆく時間の流れを肌で感じる楽しさ。

お粥も、炊きたてから変化していくのもとても良かったです。それを楽しむ文化もすごいと思いました。

お料理の大事な事すべて、
本日のお茶の中にあることがわかりました。

お茶席での経験もなく、
無作法者にもかかわらず、こころよく受け入れていただき本当にありがとうございました。

真夜中からご準備していただき本当にありがとうございました。

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content and make sure to add any relevant details or information that you want to share with your visitors.