利休会記を読み解く 7月

7月8日 利休会記を読み解く会では、旧暦6月2日朝茶、南宗寺でのお料理の再現でした。南方宗家の家に小ナツメを茶通箱に入れて茶を持参で。


汁 さくさく、麦飯、煮物 クコの葉(佃煮)、せんべい、和え物 炒かや


いつものように、それぞれのお料理の説明を受けた後、あるものでさっとお料理を再現。

汁はつる菜を太白で炒めて、麦飯は茗荷飯に、煮物は茄子で、和え物は糸うりとクルミで天にヤブカンゾウの花びらを。そこに鶏むね肉の燻製をプラスして、参加者の皆様とあっという間にお料理を完成させました。










 


73回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自蹊庵 八瀬のまなびや  半澤鶴子主催 鶴の茶寮京都教室

〒601-1253 京都市左京区八瀬近衛町368    

鶴の茶寮    TEL/FAX受付  0475-54-2518

© 2020  鶴の茶寮 all rights reserved